Column

好楽夢(こらむ)

暮らしの話題を掲載しています

2015/11/18マジック⑦「団欒の窓からみえる庭」(マジシャン コンプレッサー さん)

プロマジシャンとしての生活が軌道に乗り始めたころ、両親と同居する兄夫婦から家を新築するという話を聞きました。
家を出て別世帯で生活する私は「すごー い!楽しみー!」と言いながらも、家族の思い出がいっぱい詰まった我が家がこの世から消えてしまう寂しさを感じたのを覚えてます。
住宅ローンを抱える大変さを承知で決意した兄もすばらしい。時の移ろいには逆らえません。

取り壊しはあっと言う間でした。幼い頃よじ登った柱、青春時代見つめた天井、お祝いをした座敷、団欒した居間、のんびりながめた庭・・・すべて、お別れです。
新築のお祝いパーティーは親戚が集まって盛り上がりました。いろんな世代が集い、みんな笑顔で乾杯。その時「やっぱりこれでよかったんだ」と妙な未練から解放されました。
取り壊されていく我が家、仮住まいで過ごす不便な生活、基礎ができ、柱が立って完成が近づくにつれて高まる気持ち。家族全員でその思いを共有できたんだという喜び。もしも、両親がこの世にいなくなった後だったら、とてつもなく寂しい気持ちになっただろうなぁと。

最近は毎週1回、実家で両親とティータイムを過ごす事にしています。
生まれ育った家とは姿形は違うけど、我が家であることに違いはない。
今度「おじゃましまーす」とは言わず「ただいまー」と言って入ってみようかな。両親はどんな反応をするんだろう?楽しみが一つ増えた!

<< 戻る

2015/06/24癒しの時間を身近に⑦(アロマセラピスト 大森 由樹さん)

天然の香りであるアロマには、気分をリラックスさせてくれる作用があります。 アロマの香りによるリラクゼーションは、美肌にとって良い効果をもたらすだけでなく、精油そのものにも肌を美しく健やかにする作用もあります。
アンチエイジング という言葉は、特に女性にとって気になるものです。
そもそも エイジング(加齢)は、誰もが直面し、避けて通れないものです。
しかしアロマを上手に普段の生活に取り入れると、外見だけでなく 内面からの美しさを引き出すことにもつながります。
それは若さの持つ表面的な美しさとは種類の違う、内面から発する成熟した大人の魅力でもあります。
エイジング(加齢)をアンチ(対抗する)のではなく、受け入れ、美しく健康的に歳を重ねていくことが大切です。
アロマ(精油)には、表面的なお肌の美しさを引き出す成分はもちろんのこと、女性ホルモンの分泌を助けたり、自律神経のバランスを整えたり、と「美しく健康でありたい女性」にとっては嬉しい作用がたくさんつまっています。特にローズ、クラリセージ、イランイラン、ゼラニウムの精油はリラックス効果だけでなく、ホルモンのバランスを整えてくれる精油です。
香りには個人個人の好みがありますが、不思議と手にとった精油が 今自分が何を求めているか、何を必要としているかを表しています。身体と心はつながっています。あなたが今、心地よいと感じる精油の香りは、あなたの心と身体が求めているものなのです。

<< 戻る

2015/05/19犬と暮らすという事③(愛犬家住宅コーディネーター 鈴木 訓世さん)

ここ最近突然夏日になったりと急な温度変化で体調を崩されていませんか?
私たち人間よりも犬は暑さに弱く熱中症になりやすいのです。犬の熱中症は春先から増加しています。犬の体温調節機能は肉球にしかありません。暑くなると舌を出してハァハァと浅く早い呼吸(パンティング)を行い体温を下げようとします。体温調節は、呼吸に頼らなければならないので人間よりも熱中症になりやすいのです。屋内での留守番でも閉め切った室内で、気密性が高ければ室温は予想以上に高くなります。たとえエアコンをかけていたとしても留守番中に、熱中症になってしまうケースは少なくありません。

これからの時期、留守番をさせる際は十分に注意が必要です。ケージで留守番をさせるなら、直射日光が入る部屋はさけ、風通しの良い所を選んであげましょう。カーテンは閉めて、エアコンをつけるなど室温が上がらないようにすることが大切です。しかしエアコンをつけているからと安心はいけません、故障でエアコンが効かなくなったり、停電などがないとも限りません。また効かせすぎのエアコンは、外気温との差に弱い体の犬になってしまいます。ドライ(除湿)などに設定し、クールマットなどを用意しておくのが良いでしょう。エアコンが直接当たりすぎると冷え過ぎたり、皮膚が乾燥してフケやかゆみの原因になりますから、配置にも注意しましょう。
部屋の中で自由にさせる場合でも、同様に注意が必要です。クールマットを用意して、水も充分に用意しておきましょう。

シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサーなどの短頭種の犬種は、体の構造上呼吸がしづらいので、熱中症になりやすい傾向があります。もともと寒い地方原産の犬種シベリアンハスキーやサモエドなども寒さに強い厚い被毛を持つため暑さには強くありません。子犬や老犬も注意が必要です。

<< 戻る

2015/01/15犬と暮らすという事②(愛犬家住宅コーディネーター 鈴木 訓世さん)

犬の問題行動としてあげられるワースト3は。
1.無駄吠え
2.トイレのしつけ
3.噛み付き行為
です。
1の無駄吠えについて、お悩みの飼い主さんはいつどんな場合にワンちゃんが無駄吠えをするか把握していますか?例えば、バイクに乗った郵便局員さん、宅配業者さんが訪問してきたとき。掃除機や雷の音に反応して・・・など。無駄吠えは住まいの工夫で簡単に直せるケースが多いのです。ワンちゃんの立場になって考えてみましょう。自分と愛する家族の生活する住まいに、知らない人や怖い物が近づいてきた!一大事!こっちくるな!家族に危険を知らせなければ!「ワンワン!」。このように、本来のワンちゃんの仕事をしているのです。躾の問題ではないのです。お住まいのワンちゃんの普段の居場所はどこでしょうか?無駄吠えするワンちゃんのほとんどが、人が訪問してきた気配を感じられる玄関付近や、来客が見える窓に面したリビングが普段の居場所になっていることが多く、またバリケン(クレート)を利用していないケースが見受けられます。つまり、来客者の気配を直接感じにくい住まいの奥側の場所を普段の居場所にしたり、掃除や雷の鳴っているときは、犬にとって心静かに落ち着ける場所である「バリケン」などの中に「ハウス」させておく。こうした住まいの工夫で多くが解消されます。ワンちゃんは常に緊張して危険を察知しているのですから、毎日のストレスもさぞ大きいものでしょう。その上、必死に危険を知らせても、愛する家族には「うるさい!」なんて怒られていたと思うと可愛そうですね。ワンちゃんの問題行動にはちゃんと意味があります。飼い主さんがその意味を把握できれば、解決することができます。大好きなワンちゃんとストレスなく素敵な生活が出来ることが肝心です。

<< 戻る

2014/11/15犬と暮らすという事(愛犬家住宅コーディネーター 鈴木 訓世さん)

ワンちゃんともう一緒に暮らしている方、これからワンちゃんを迎えようかな?と思っている方ワンちゃんは動物の中で唯一人と共存できる生き物だって知っていますか?
ワンちゃんとの歴史は2万年前に始まります、諸説ありますが狼が人の食べ物をあてにして住み着いたとか。人は犬の様々な特性を利用し生活に利用してきました、犬は、人とともに暮らしどんどん進化してきました。牧羊犬、狩猟犬…から今では盲導犬、聴導犬、介護犬と。こんなに人の暮らしと密接にかかわって生きていく動物は犬以外にいません。猫や鳥やほかの動物も可愛いですが、犬と人との関係はそれとはまったく違うのかもしれません。

私も2頭のボーダーコリーとともに暮らしています。年齢は10歳と9歳、若いころから見るとずいぶん落ちつきました。白髪も目立つようになってきました。それが一層愛おしく、かけがえのない存在になってきています。子供は、大きくなって当然親から離れていきます、でもワンちゃんは生涯ずっとそばにいてくれます。もうワンちゃんと一緒に暮らしている方はこの気持ちわかって頂けるでしょう。この子たちの生涯も、平均寿命からすると15,6歳。あとそれだけか。。と考えるだけでさみしさがこみ上げてきます。

ワンちゃんとの暮らしの中で一番大事な事は、ワンちゃんが一生を終えるまで後悔がなく楽しく充実して暮らすことではないでしょうか。そんな願いから、愛犬家住宅コーディネーターとなって、皆さんが愛犬との暮らしをもっと素敵に快適にできるアドバイスをしています。

<< 戻る

2014/10/27民謡とは?(歌手 林道 美有紀さん)

民(たみ)の謡(うた)
私たちの先祖の「生」「生き方」そのもの。
好きなジャンルじゃないとか、特別な人たちだけのものっていう感覚をすてて自分の地域の民謡を知ることから、歴史がわかり、自分の地域の素晴らしさがわかる。
自分の住む地域が好きになる。
そして、この地域で暮らすことに感謝、産み育ててくださった親に感謝へとつながっていくのでは?と思ってます。
一昨年、郷土を愛する地元の各種アーティストが集まって、民謡の歌と踊りのユニットを結成。
本来の和楽器演奏にこだわらず、ギター、ピアノ伴奏などで、民謡を身近に感じていただけるよう、楽しく日々活動しております。

<< 戻る

2013/12/9心と体が元気になる食事⑥ 教室・朝市のこと(ラ・ナトゥ‐ラ シェフ 水野由紀恵さん、中村みきさん)

ナトゥーラでは、月替わりで料理教室とお菓子教室を開いています。
カウンター席で作っているところを見ていただき、試食して、材料をお持ち帰りして、ご自宅でつくっていただく教室です。
お菓子作りの第一関門は計量だと思います。なので、材料はすべて計ってあります。型や容器が必要なものはそれらも付いています。本には書いていないプロのコツをお伝えしています。

また、毎年4月から10月に、砺波市チューリップ公園で『体にいい朝 楽しい公園 チューリップ朝市』を開催しています。
朝市では「朝ごはん」を作っています。毎回、違う朝ご飯を用意しています。シフォンケーキやプリン、焼き菓子、パンなども販売しています。
ほかにもどんど焼き、焼きそば、餃子、焼き菓子のお店、コーヒー屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、花苗や野菜のお店、整体やカイロプラクティックなど約20店舗の出店があります。
この朝市の一番の特色は6時半にみんなでラジオ体操。ライブ演奏を聞きながら、いろいろなお店を見てまわり、ゆったりとした朝の時間を楽しめる朝市です。

『心も体も元氣になるお店 旬菜彩菓 ラ*ナトゥーラ』
これからも 皆様の笑顔と健康をサポートするお店でありたいと思っています。

<< 戻る

2013/11/29心と体が元気になる食事⑤ ナトゥーラのこと(ラ・ナトゥ‐ラ シェフ 水野由紀恵さん、中村みきさん)

今年、ナトゥーラは9周年を迎えました。
「お野菜がたくさん食べられるお店がいいよね。」「美味しいものを食べると幸せだよね。」そんな思いから始まり、『食』ってなんだろう?『元氣』ってどんな状態なんだろう?と考えるようになりました。
『心も体も元氣になるお店』このコンセプトは変わらずに、ずーっと掘り下げてきたような感じがします。

私たちの体は食べたもので作られています。
テーブルに並んだお料理は、いろんな「命」で出来ています。
その素材の命、野菜や家畜などを育てている人、運ぶ人、売る人、調理する人の「命」。
親から子へと受け継がれていく家庭の味。そこにも命のつながりがあります。
そんな『命のつながり』を感じていただけたらいいな。と思っています。

ナトゥーラの料理を作っている水野の家は農家です。
3年前から代替わりして、姉妹、弟の4人で無農薬のお米をつくっています。
昨年11月から『みずのの家のお米』をお客様に召し上がっていただきたいと思い、「ごはんの日」 を作りました。平日の5と8と0のつく日がごはん(5.8.0)の日です。
この日は通常のランチはお休みして、ごはんのランチを召し上がっていただいています。
今までに、丼やちらし寿司、パエリアなどでお米の美味しさを味わっていただいています。『みずのの家のお米』の販売もしています。
ご飯といえば、梅干し、お味噌は欠かせません。梅干しは開店当初から、お味噌は2年前から作り始めて、好評をいただいています。年々、作る量が増えています。

<< 戻る

2013/11/13心と体が元気になる食事④ 講座のこと(ラ・ナトゥ‐ラ シェフ 水野由紀恵さん、中村みきさん)

お店を通じていろいろな方との出逢いがあり、学びがあります。その中で「陰陽五行理論」と出逢ったことで、『こころと体が喜ぶ食の講座』が始まりました。
「陰陽五行理論」は自然界にあるものすべては「陰と陽」そして「木*火*土*金*水」の5つの素材によって構成され、互いに関連し、影響しあい、循環している。という考え方で、薬膳や東洋医学の基盤になっている考え方です。
季節や食べ物、私たちの体も同じように「陰と陽」、「木*火*土*金*水」に分類されています。自然界はその季節ごとに、私たちの体に必要なものを用意してくれています。
『こころと体が喜ぶ食の講座』では陰陽五行の観点から「食」と「心」を見つめ直し、その季節に合った食事をとることで心と体のバランスの整え方を学ぶ講座です。
11月26日(火)は「冬 の養生とおせち料理」がテーマです。
講師は 命學研究所 meigaku の伊澤富士子さんです。

もう一つの講座『こころと体が喜ぶ体感講座』では「命のつながりを五感で感じよう」を大きなテーマに、各回ごとに小さなテーマで展開している講座です。
4回目になる10月10日の講座では、『元氣な心と身体のつくりかた 自然の恵みを食べる』をテーマに開催されました。
日本の地に生きる私たちの身体にも四季があります。実りの秋。夏の疲れをとり、冬にむかえる身体の準備をする季節。秋は「肺」「大腸」への影響が大きい季節。呼吸がしやすく、心と身体、感情の繋がりを体感し、感謝の思いが肺(呼吸)の機能に影響することを学びます。季節の変わり目の食べ物の選び方、元氣な心と身体を作る方法を学び、味わい、満足したお腹で元氣をお持ち帰りいただく講座です。
ナビゲーター
人生に灯りを燈す燭人(職人)・・・森西 美香(株式会社オフィス*ニーズ代表)
心と体に心地よさを織り込む織人(職人)・・・高江 禎恵(メンタルパワーパートナー)
大地と体に元氣の種を植える植人(職人)・・・水野 由紀恵(ラ*ナトゥーラ)
味覚の好奇心を刺激する触人(職人)・・・中村 みき(ラ*ナトゥーラ)

<< 戻る

2013/05/30癒しの時間を身近に⑥(アロマセラピスト 大森 由樹 さん)

最近は、仕事や人間関係を原因として、心のトラブルを抱える人が多くなっています。
よく耳にするのは、自律神経失調症という症状です。自律神経には、興奮したり神経が高ぶったりする時に働く交感神経と、神経を鎮め体力を回復する働きをする副交感神経というものがあります。この二つは互いにシーソーのようにバランスを保っているのですが、日常生活における過度のストレスや疲れから簡単にバランスは崩れ、不調を引き起こすのです。その結果の不眠症や食欲不振、動機やうつ症状などは、あなたの心からのSOSのサインです。
アロマテラピーはストレスや心のトラブル症状を緩和するのに役立つと言われており、嗅覚から神経の緊張をほぐし、リフレッシュやリラックス効果をもたらしてくれます。
実際にこういった症状の方に、ラベンダーやネロリなどの精油をお勧めしています。精油に含まれる成分が鼻の内部の神経を刺激し、副交感神経を興奮させるといったようなデータもあるそうです。
ただ、お薬がそうであるように、個人差や体質が影響する場合もあります。アロマテラピーはあくまでも予防や補助的療法です。一番お伝えしたかったことは、お薬やカウンセリングなどと併用してアロマテラピーをとりいれてみる、という選択肢もあるということです。アロマテラピーが、あなたのQOLを向上させる手助けとなりますように。

<< 戻る

2013/03/18癒しの時間を身近に⑤(アロマセラピスト 大森 由樹 さん)

少しずつではありますが、確実に春の足音が近づいております。皆さんのご自宅の庭でも、雪解けを待ってハーブが芽吹き始めるころではないでしょうか。

アロマセラピーやアロマトリートメントにかかせない精油のうち、ラベンダーやミント、ローズマリーなどは私たちの身近に多く存在します。その中でもローズマリーは大変人気のある香りの一つです。

ローズマリーはラテン語で「海のしずく」という意味を持ちます。愛らしく淡いブルーの小さな花が、海の色を連想させるからではないでしょうか。古くから料理にも利用されていますが、これは単に料理に香りを添えるだけではなく、肉などの腐敗を遅らせる働きもあるといわれています。

ローズマリーに関するエピソードはとても多く、そのどれもが神秘的でロマンチックです。特に私の印象に残っているものがあります。シェークスピアの作品「ハムレット」で、ローズマリーの小枝を渡しながら「私を忘れないで」というシーンです。ローズマリーは、頭脳を活性化させ集中力を高め、老化防止の働きがあるといわれています。香りが大脳にある記憶をつかさどる海馬に作用し、記憶を引き出したりするそうです。当時から人間は本能として、植物の優れた働きを理解していたのかもしれませんね。

このような神秘的なエピソードを思い浮かべながら、改めてハーブの香りを楽しんでみると、今までにはない発見があるかもしれません。

<< 戻る

2012/11/19ヨガ① ~ヨガってなんだろう?~(ヨガインストラクター 黒崎 陽子 さん)

「ヨガって何ですか?」・・・そう聞かれて即答できる人は少ないかもしれません。ヨガって何でしょう?私自身、まだまだ学びの途中で完全に理解しているわけではないですが、今までの経験・8年のヨガの練習をとおして次のようにヨガをとらえています。

「ヨガとは、心と身体をよりよい方へと導くための智慧・科学」

ヨガの根本経典「ヨーガスートラ」には、「ヨガとは心の動きを止滅させること」と書かれています。でも、さまざまに広がりを見せる現代のヨガにおいてはもっと幅広い見方をした ほうが良いかもしれません。ヨガは奥深いメソッドではありますが、実はとてもシンプルで確実なものであったりもします。たいていの方は「ヨガ」と聞くと、ストレッチ的な動き、あるいは人間離れし たポーズを思い浮かべることと思います。そして、それをすることによって健康で美しい体を手に入れることができるらしい・・・ということも連想するでしょう。 しかし、柔軟性や引き締まった体や美しい姿勢・・・これらはヨガがもたらして くれる恩恵の大きな海のたったひとしずくの効果・結果にすぎません。フィットネスインストラクター時代にヨガと出会い、続けるうちに、ヨガは単なるエクササイズとは異なるゾ、と思い始めました。これまでトライしたどんなスポーツやリラックス法でも感じられなかった身体と心と精神の向上と安定。何が違うんだろう?どうして違うんだろう?もっともっとヨガを知りたくて、学びたくて、長年続けてきたエアロビクスやエクササイズの指導をすっぱり辞めてしまいました(笑)

ヨガをヨガたらしめている要素の一つが「呼吸」だとわかってきたのはごくごく最近のこと。そう、ヨガの練習って呼吸の練習なのです!・・・長くなっちゃいますので、詳しくはまた次回に・・・。

<< 戻る

2012/11/01マジック⑥ ~「越中演芸倶楽部 三楽会」結成~(マジシャン コンプレッサー さん)

今年5月20日に、越中演芸倶楽部「三楽会」を立ち上げ、6月2日には旗揚げ公演を行いました。メンバーは富山を拠点に活動する3組の芸人。落語家の三遊亭良楽師匠、漫才師のだら~ずさん、そしてマジシャンのコンプレッサーです。3つの演芸を楽しんでいただきたいという思いで決めた名称です。

それぞれがプロの舞台芸人としての活動を続けていますが、三楽会としては二つの取り組みに挑戦しています。

一つ目は、毎月1回、富山市中央通りにある「てるてる亭1階ミニシアター」で開催している『三楽会ワンコイン寄席』です。なんと、入場料は500円。2時間の駐車場無料サービス券もついています。オフタイムに、生の舞台を楽しむというライフスタイルが富山に定着するのが夢の一つです。ただ、演芸は観客がいてはじめて成立するもの。是非応援宜しくお願いします!

二つ目は、「遠くの寄席に行かなくても、あなたの近くへ芸人が出張して演芸会を開催します!」をキャッチフレーズに取り組んでいる『出張寄席』です。ホールはもちろん会議室、体育館、公民館や集会場など場所を選びません。笑いのある空間が交流を深めると、ありがたいお言葉をいただいております。是非お気軽にご連絡くださいね。

詳細はホームページをご覧ください。「マジシャン コンプレッサー」 で検索してみてください。

<< 戻る

2012/10/12癒しの時間を身近に④(アロマセラピスト 大森 由樹 さん)

香水、ルームフレグランス、消臭剤、芳香剤・・・いまや‘香り‘は私達の日常生活に浸透しています。アロマという言葉が日本で広がりだしたのは90年代前半のこと。香りを楽しむものとして、特に女性に受け入れられ広まってきました。中でもアロマキャンドルは手軽に香りと雰囲気を楽しめるすぐれものです。先日、娘と一緒にアロマキャンドルを作っていたときのこと。好きな色をつけ、好きな香りの精油を選び、真剣に作っている姿はとてもほほえましいものでした。完成したアロマキャンドルは自分の部屋に大事に大事に飾って。
‘楽しかった?’と聞くと、
‘お母さん!また一緒につくろうね!’とにこにこの笑顔。その笑顔を見たときに気づいたことがあります。何かを買い与えたり、どこかへ連れて行ったりすることよりも、子供は親と一緒に何かをすることのほうがこんなにうれしそうな顔をするのだと。  

ラベンダーっていい香りだね!と、無邪気に言う娘を見ていると、大切な家族が使うものだからこそ、身体にやさしい、天然の精油を選んでよかったとあらためて思いました。 アロマがつなぐ人との関わりは、私自身が思っていいた以上に広く、大きいものでした。

みなさんも、大切な人と一緒にアロマを楽しんでみませんか?

<< 戻る

2012/06/29マジック⑤ ~マジックファンが増えるといーなー~(マジシャン コンプレッサー さん)

福井県福井市で、今年の八月に開催されるマジックの世界大会。私もどんな演目で舞台にたとうかと今からとても楽しみです。ところで、なぜ福井で世界大会が開催されるのかというと、日本近代奇術の祖、松旭斎天一(しょうきょくさいてんいち)(1853~1912年)が福井県福井市出身なのです。で、没後100年を記念しての開催となったわけです。生誕地には記念碑が設置されるなどムードが高まっているようです。これをきっかけに、マジックファンが増えるといいなぁと思います。

富山のマジックファンも増やしたい!という事で、マジックサークルを立ち上げました。その名も、富山マジシャンズ・パーティー『まじっぱ』です。プロ、アマ、初心者問わず、富山にゆかりのあるマジック好きな方ならどなたでもご参加いただけます。毎月1回、富山市内で開催していきます!私を含め、参加される方の演技を中心に進行しています。お互いに学びあう刺激的な場となればいいなと思ってます。ボランティア活動、営業活動など、マジックを通じて社会貢献ができるといいな。まだまだ始まったばかり。どんな展開になっていくのかワクワクしています。気になる方は、お気軽にご連絡下さいね!「マジシャン コンプレッサー」で検索してみて下さい。

<< 戻る

2012/05/14癒しの時間を身近に③(アロマセラピスト 大森 由樹 さん)

当店では月に一回、リンパの流れに沿った、自宅でできるトリートメントの教室を行っています。自分の身体を触ってみて、コリやリンパの詰まった部分を自覚するということは、美しさや健康への第一歩です。

例えば、肩こりなどは血行が悪い為に起こるもの とみなさん思っていますよね?確かに血行の悪さも原因のひとつですが、リンパの流れが悪いことも原因のひとつなのです。リンパは血管に沿って全身に張り巡らされていますので、リンパの流れをよくする=血行も促進される ということになります。病院にいくほどではないけれど、なんだか身体がだるかったり、肩こりがなかなか治らなかったり、一日の終わりには脚がむくんでパンパン・・・
そんな日々の不快な症状を、自然の植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)の力を借りて、身も心も癒すお手伝いをしています。

エッセンシャルオイルには、私達の自然治癒力を引き出すパワーが秘められています。代表的なエッセンシャルオイルの例を挙げると、ラベンダーは心地よい眠りを導き、グレープフルーツは体内の水分バランスに働いてむくみを和らげ、イランイランはストレスやイライラを鎮めてハッピーな気分にさせてくれます。その日、その時間の心や身体の状態に合わせて、エッセンシャルオイルを選ぶこと自体が、楽しみの一つにもなります。様々な香りと作用を持つエッセンシャルオイル達は、あなたの手にとってもらえるのを待っています。手を伸ばせばすぐそこに、癒しの時間が。

<< 戻る

2012/04/13癒しの時間を身近に②(アロマセラピスト 大森 由樹 さん)

高齢化社会といわれる現在、地域には様々な介護関係の施設があります。私たちは12月にお店をOPENしてから、たくさんの介護施設を慰問しました。写真は魚津市にある深川病院さんに訪問した時のものです。

手足のこわばったおじいちゃん、おばあちゃん達の手や足をトリートメントしました。むくみがひどく、車椅子に乗せた足はパンパンでした。むくみは血液やリンパの流れが滞ることでおきます。心臓から一番遠い場所にある足は、重力の影響もあって流れが滞りやすいのです。運動などで筋肉を動かすことができれば、症状もひどくはなりませんが、足腰の弱った高齢者の方には難しいことです。だからこそ、アロマオイルを使って肌への摩擦負担を軽くしながらリンパや血行を促進してあげることが効果的なのです。痴呆が進み会話がしっかりとできなくても、手や足をさすってあげると、みなさんとてもかわいい笑顔でニッコリされます。直接手を握り、オイルを使ってトリートメントしながら、お顔をみて何でもない世間話をする、たったそれだけのことしかできない私たちに、「ありがとう。らくになったよ」と喜んでいただきました。トリートメントをすると、みるみる血行が良くなって血色よくなるかたもいらっしゃいました。何よりも笑顔になること、これはとても大切なことです。

私たちはお医者様ではありませんので治療することはできません。でも、人の心に気持ちを届けることはできると思っています。少しでも痛みが和らげば・・・少しでもむくみがよくなれば・・・そんな私たちの気持ちが、手から伝わるよう心をこめて向き合っています。

<< 戻る

2012/03/30マジック④ ~マジックの楽しみ方~(マジシャン コンプレッサー さん)

マジックの楽しみ方っていろいろあるのをご存じですか?ライブで、とかテレビ で、とかそういう話ではありません。観る以外の楽しみ方ってのがあるんですよ。たとえば演じる楽しみ。マジックサークルなどに所属して仲間同士で技を磨 きあい、人前でマジックを披露する事を趣味としている人がみなさんのまわりにもいませんか?中には人前で演じる事はきらいだけど、ひたすら練習する事が楽 しいという不思議な人もいます。道具を作る事に熱中している人もいますし、経験を積んで豊富な知識を得ると創作するという楽しみ方も出てきます。マジック の歴史について調べる事に時間を費やす人や、貴重な道具や、新しい道具をコレクションする事に喜びを感じている人もいたりします。

こんな奥深く、楽しみの多い世界のマジックにふれる、最高なチャンスが今年の夏(2012年)にありま す!福井県で三日間にわたって世界大会が開催されます。ショーはもちろん、レクチャーや、道具の販売など充実の内容です。日本のトップマジシャン、海外からのゲストなどなどそうそうたるメンバーにまざって、私も出演させていただく 事になりました。是非、みなさんのお好みのスタイルでマジックを楽しんで下さ い!マジックファンが増える事が私の夢の一つです!次回は、なぜ福井県で世界大会が開催されるのかについて書いてみたいと思います。

<< 戻る

2012/03/12癒しの時間を身近に①(アロマセラピスト 大森 由樹 さん)

みなさんは、アロマテラピーという言葉を聞くと、どのようなイメージが思い浮かびますか?いい香りがする・・リラックスできる・・・ そんな漠然としたイメージをもつ一方で、「興味はあるけど試したことはない」という人も多いのではないでしょうか。

植物が本来持っている香りや成分の力を借りて、心の不調を整えたり 健康を維持するサポートをする、それがアロマテラピーなのです。 アロマテラピーではエッセンシャルオイル(植物から成分と香りを抽出したオイル)を使用するのですが、自宅でも気軽に取り入れることができるものが沢山あります。例えばお風呂にたらしてバスタイムを優雅に楽しんだり、テッシュに数滴たらしたものをハンカチに包み、ポケットやカバンにそっと忍ばせたり・・。小さなことから「癒し」の時間はスタートしているものです。香りは目に見えないものですが、私たちの生活(特に精神的な部分において)に大きな影響を与えているのです。まずはアロマオイルを手に取り、香りを試してみる、そんな気軽なことから初めてみませんか?

私たちはアロマオイルを使ったトリートメントエステをしているのですが、お客様が、香りとトリートメントでリラックスされると同時に、私たちも香りで癒されているのです。 一人でも多くの方が、アロマというものを身近に感じて頂いて、日々の生活の中に自然に取り入れていけるよう、橋渡しをする・・・そんなアロマセラピストでありたい、と思っています。

<< 戻る

2012/02/10犬との暮らし⑥ ~外飼いか室内飼いか~(ドッグトレーナー青山 民さん)

犬を飼おうと思った時に、家の外で飼うか?屋内で飼うか?を考えたことはないでしょうか。
※犬種によっては、屋内飼育が原則になっている場合もあります。

年配の方にとっては、犬は屋外で飼うのが普通と考えている方が多いようですが、これは昔は寒さに強い和犬が多かったためではないでしょうか。しかし、例え寒さに強い犬種であっても、いずれは年老います。その時には屋内に移す必要もあるかもしれません。慣れない環境に変わったことがストレスとなる可能性もあります。

屋外の場合は、気候・天候が大きく影響します。冬の寒さや夏の暑さはもちろん、湿度が高くなることもあるでしょう。また、フェラリアを媒介する蚊やダニなどに刺咬されるリスクも多くなります。通行人などに対するストレスもあるかもしれません。

また、しつけには室内飼いのほうが良いといわれています。犬は元々群れで暮らす動物です。外飼いの場合では、家族と一緒にいる時間が少なく、飼い主の都合でしか相手をして貰えないため、無駄吠えなどの問題行動を起こす原因になるとも言われています。

もちろん屋内の場合にもデメリットがあります。犬が家の中をどこでも自由に行き来させているケースの場合、少なからず犬の毛が落ちるでしょうし、臭いがするかもしれません。また、万一のキッチンや暖房などの火傷や火災、風呂場での事故も心配されます。フロアで滑って足を痛めるケースもあります。

私は基本的には屋内飼育を推奨しています。 ただし、上記を踏まえて、次のような飼い方を検討されてはいかがでしょうか。

それは、屋内飼いであっても犬の居場所を決めて、クレート(バリケン)に入れることです。

クレートに入れるときには「ハウス!」とコマンドを出しします。これにより、犬は主従関係を理解します。なお、犬は狭いところのほうがと安心できると言われていますから、慣れればきっとお気に入りの場所にしてくれるでしょう。飼い主と一緒に、安心できる場所で、しかも環境も最適ですから、ストレスを少なくすることで、問題行動を防ぐことにも繋がると考えます。もちろん定期的に運動不足にならないように、しっかりと散歩やスポーツを行ってあげることがもっとも重要です。

犬が生涯を終えるまで楽しい時間を過ごせるように願っています。 小さなことでもかまいません、何か困ったと思う事があればお気軽にご相談ください。

<< 戻る

2012/01/30田舎暮らし① 貧乏リッチ(家具職人 石畠 正一 さん)

五箇山に暮らし始めて20年になる、たった7軒の小さな集落だが、うち4軒は東京や岡山などよそからの移住家族だ。集落の用水のそうじや区内道路の清掃、お宮さんや道場(お寺さんの出先)、公民館の手入れなど総普請(そうぶしん)と呼ばれる共同作業もあるが、全員50前後と年代も近く、土の匂いのする暮らしに満足している。

社会にでて数年、東京にいる頃から思っていることがある。巷にはものがあふれ、家電や自動車、インターネットに携帯電話、暮らしはどんどん便利になっていく。それなのにいつまで経ってもあちこちで、不幸な話が聞こえてくる。いやいろんな事件の中には過激さや残虐さでは貧しい時代には考えられないようなものもある。大量生産が進んだ結果、ほんのわずかな人たちで世界中に供給できるくらいのものが生産される。おそらく、いろんなものを世界中の人たちに分けてもあり余るくらいなのではないか。それなのに、貧しい人たちに行き渡ることはなく富は一部の人に集中するばかりだ。

定年間近の友人たちもバリバリの現役を外れて、第二の人生の一歩を踏みだし始めている。そろそろ人生の終末に向けて歩み始めている。偉くなった人、事業を起こした人、学者になった人それぞれの人生を歩んでいる。若い頃は画一的な価値観の中で、進学や就職を考えてきたが、今となるとそれぞれの思いの中で生きることの幸せを感じる。時代の転換の中で、途方に暮れる若者たちの中にも自分の夢を実現するために地道に努力を続けている人に会うと、心強い思いがします。

<< 戻る

2011/12/28犬との暮らし⑤ ~冬の運動不足に注意~(ドッグトレーナー青山 民さん)

富山もとうとう雪が降ってきました。
天候が悪いときにはどうしても外に出る機会が少なくなりがちです。また、雪道での散歩は、路肩が狭く滑りやすくなっているため、自動車との事故にも注意が必要です。

この時期、犬は運動不足が原因で、体重が増えて「冬太り」したり、「ストレス」をためてしまうことがあります。飼い主が日中不在で、犬だけでお留守番のご家庭もあると思いますが、そのようなご家庭ではなおさら毎日の運動は、ストレス解消の重要な役目を果たします。  

天気が良いときにはドッグランなどで運動をさせると良いでしょう。深い雪が運動量を増やして、より効率的に運動不足を解消できるでしょう。

天気が悪いときには、屋内ドッグランを利用すると良いでしょう。吹雪のときでも安全に運動不足を解消することができます。 また夏には暑さを気にする事なく楽しむ事ができます。

ドッグランでは、ボールやおもちゃなどを投げて持ってこさせる(レトリーブ)などで、積極的に運動させるようにしましょう。これにより、より犬との絆を深めることにもなるでしょう。

さらに、屋内温水プールもあります。プールは効果的に筋力をつけることができるため、老犬で足腰が弱くなってきた場合や、けがなどで治療を終えた後のリハビリにも利用されます。現在は元気な犬でもあらかじめプールに慣れさせておくことで、いずれ歳を重ねて足腰が弱くなったときに 負担が少なく、十分に運動をさせてあげることができます。

今年の冬はぜひ屋内ドッグランや温水プールなどを活用して飼い主さんも犬も楽しく過ごせれば良いですね。

<< 戻る

2011/11/11犬との暮らし④ ~災害に備えて~(ドッグトレーナー青山 民さん)

避難生活時のペットの問題については、大災害のたびに大きく報道され、また東日本大震災でも同様でした。

避難所へは犬を連れて入ることができません。 そのため、クレート(バリケン)を用意しておくことが重要です。
そして一番肝心なことは「普段からクレートに慣らしておく」ことです。 慣れない環境では犬にストレスを与えることになり、犬にも可愛そうな事ですし、 無駄吠えなどによって回りの方々へも迷惑をかけることにもなりかねません。 普段からクレートに慣れていれば、非常時にも普段とあまり変わる事なく、慣れた環境で安心して過ごせるようになると思います。

また、離れた避難所に移動したり人に預けたりするときに、車で移動する必要もあります。車に乗せる 訓練は簡単です。 クレートに入れて、公園など楽しいところへ連れて行きましょう。 それを繰り返し行う事で、「 車に乗れば、楽しいところに連れて行ってもらえる」ということ、そして「 車に乗るにはクレートに入らないといけない」ということを覚えます。 そうすればやがて自分からクレートに入るようになります。

飼い主さんのご相談で「車酔いする犬」がいることもよく耳にします。その場合もクレートに慣れることで車酔いが治まることが多いようです。クレートに入る事で必要以上に興奮する事を防ぎ、安心できる空間であることが、車酔いになりにくい効果もあるようです。

当然のことですが、鑑札を必ず首輪等に付けておきましょう。万一はぐれた場合にも、飼い主や連絡先を確認することができます。また、マイクロチップを装着しておけば、首輪が抜けてしまっても確認することができますから、さらに安心かもしれません。もちろん、ペットフードやペットシーツなどの用品を準備しておきましょう。 最低でも2・3日分は必要となります。持病がある場合は、薬なども常備する必要があります。

万一の際にも、大切なペットに負担をかけず、さらには近隣への迷惑をも防ぐことはとても大切な事だと思います。 飼い主さんの普段からの心構えで防ぐ事ができますし、その事が人と犬の関わりをより良いものにできると思います。

まさに「備えあれば憂いなし」であることを覚えておきましょう。

<< 戻る

2011/10/31パフォーマンス ③(エンターテイメントパフォーマー ハルキ さん)

「パフォーマンスに対してどのような気持ちを持っていますか?」と聞かれたことがあります。マジック等をやり始めて、なんとなくの流れで今の形になった私にとっては、とても深い質問でした。

私の心の中には昔から一つの指針がありました。それは「自分に何ができるのか?」ということでした。パフォーマンスにおいてもそれは当てはまるんだなと、それからは意識し、また実感するようになりました。

私のパフォーマンスを見た方が、喜んでくれたり、笑顔になってくれたり、何かを感じてくれたのなら、それは私にとってとても嬉しいことです。これらの事を胸に秘めて、「パフォーマンス」に取り組むと、それはまたいつもとは違った「パフォーマンス」になります。

自分だけではなく、見るものすべての方に感動を与えられる。そんな「パフォーマー」でありたいと思います。

<< 戻る

2011/10/14パフォーマンス ②(エンターテイメントパフォーマー ハルキ さん)

パフォーマンスをしていると、人に見られる機会が多くなります。必然的に人と出会うことも多くなり、色んな話をさせて頂いたりします。僕はそれを「宝」だと思うようにしています。人は一人では生きていけません。周りの人の助けがあって生きてくることができたと思います。そのような想いを持って、人との出会いを大切にしています。今、自分がパフォーマンスをしているのも、過去に出会った人たちのおかげだと僕は感じます。

人に出会うということで、僕もみなさんも人間として成長して行くことができれば、それはとても素晴らしいことですね。

<< 戻る

2011/09/30パフォーマンス ①(エンターテイメントパフォーマー ハルキ さん)

パフォーマーという肩書で、「マジック・ピエロ・ファイアーパフォーマンス」と活動させていただいていますが、「パフォーマンスをしている人は珍しいですね。」とよく言われます。

そもそもパフォーマンスとはなんなんでしょう?私が仕事としている、「人に魅せる」ということが少し特殊なコトであって、みなさんなんらかの形でパフォーマンスをしていると思います。

先生・美容師さん・花屋さん・ニュースキャスター・OL・配達員、又は、体育を頑張る子供たち・夕食を作るお母さん・犬の散歩をするおじいちゃん・ゴミを出すお父さん・テストを受ける学生達。

日常の中に織り込まれ、気づきにくいものですが、パフォーマンスだと私は考えます。

その事を少し意識してみてはいかがですか?
きっと昨日より、違う一日が待っているかもしれません。

<< 戻る

2011/09/15言葉の大切さ ③(遊書家 大蔵 さん)

毎日のように書を書いていると、漢字っておもしろいなぁ~って感じることがあります。

例えば、「山」や「川」なんて、風景をそのまま表現したんだって、思うし、「人」の下に「良」で「食」 質のいい「食」は、人を良くするんだって気付いたり、最近好きな漢字は、「決断」 辞書には 「意志をはっきりと決定すること」と書いてある。 みんな「決める」ことは出来る。でも、「断つ」ことが出来ないから、悩んだり、迷ったりする。前に進みたいときは、今までのことを断つことも必要。それは決して無駄にはならない。経験として、ちゃんと自分の力になってる。「決断」って難しいかもしれないけど、大昔、漢字を作った人はすごいな~って思う。

漢字を通して、伝わってくるメッセージがいっぱいある。あなたも何気なく使ってる「漢字」を注意深く見てみよう。そこに生きるヒントが隠されているかもしれない。

<< 戻る

2011/08/26心と体が元気になる食事③ 食べるということ(ラ・ナトゥーラ シェフ 水野 由紀恵 さん・中村 みき さん)

ラ・ナトゥーラでは1ヶ月1回程度、お料理教室とお菓子作り教室を行っています。 教室のスタイルは少し変わっていて、参加された生徒さんはカウンターに座ったまま、私たちが料理するところを見ていただきます。普通の料理教室のように、生徒さんと一緒に料理を作るわけではありません。作り方、素材の知識、栄養価、また調理の際のポイントなどの説明を聞いていただきます。 最後に、そのお料理に使う食材を持って帰っていただきます。そして、家で調理していただきます。

私たちはただお料理の作り方を学んでいただくのではなくて、「お料理をする意味」を感じ取って頂きたいと考えています。お料理教室で、先生やお友達と一緒に作ってその場で美味しい料理ができたとしても、家に戻るとできなかったり、つい時間に追われて普段のままだったり・・・ということがおこりがちです。この教室では、食材を持って帰るのですから、どうしても自分の記憶やメモを頼りに、自分の家で時間をかけて作らなければなりません。そうすることで、「家族や自分のために、美味しいものを安全に頂くために料理をする」という日常に不可欠な事を感じて頂きたいと願っています。

おかげさまで、この教室は毎回大変好評です。一人でも多くの方が美味しいもの、体にいいものを理解することで、「心と体が元気に」なっていただけることを望んでいます。 自宅で美味しいお料理ができるようになっても、たまにはお店に足を運んでください。 常に新しいものに挑戦、研究していきますので、新たな発見があることでしょう。お待ちしています♪

<< 戻る

2011/08/12心と体が元気になる食事② 古民家のお店 (ラ・ナトゥーラ シェフ 水野 由紀恵 さん・中村 みき さん)

2005年8月、国道359号沿い千光寺近くに「ラ・ナトゥーラ」を開店し、今月6年目を迎えることができました。
美味しいお料理を食べて、友人、家族との会話を楽しみ、季節を感じ、静かに時を過ごす・・・それらすべてがかなえられてこそ「心も体も元気になる」と考えています。 古民家を改装したこの店舗にもそんな想いを込めています。
このお店を開くにあたっていろいろな場所を見てまわりました。新築で立地条件も良い・・・そんなテナントも数多くありましたが、なかなか決めることができませんでした。
そんな中、この古民家の物件を紹介されました。訪れてみると、障子が朽ちて枯葉が部屋の中まで舞い込んでいて、とても酷い状態でした。 普通ならありえないと思える物件でしたが、私たちにはとても惹かれるものがありました。 裏山には多彩な植物が生えており、大家さんの話では「春にはたけのこやミョウガが顔を出すよ。」とのことでした。 この季節感こそみんなが少し忘れかけている大切なものなのではないだろうか!こここそ探していた場所だ!と直感したのです。 改装にあたっては、太い梁や柱などをそのまま生かし風情を味わって頂けるようにしました。
忙しい毎日、時間に追われてちょっとした季節の移り変わりにも気づかない・・・そんな風に時間を過ごしてしまう方も多いのではないでしょうか。 また、忙しい毎日の中で義務的に食べている。 そんな食事のとり方をしてしまっている方も多いのではないでしょうか。食事をするという事は、空間の雰囲気、お料理の色彩、季節の香り・・・それらすべてを味わって頂く事。 私たちはそう考えています。

<< 戻る

2011/08/08心と体が元気になる食事① 旬の素材(ラ・ナトゥーラ シェフ 水野 由紀恵 さん・中村 みき さん)

私たちがもっとも大切にしている事は「旬の食材を活かした料理」を味わって頂くことです。 店舗の脇に小さな小さな畑があります。そこでは季節の野菜を育てています。 今の時期ならきゅうりやトマト、ズッキーニやナスなどが収穫できます。もちろんここの畑ですべてのお料理の材料がまかなえるわけではありませんが、 ここの畑で取れたお野菜も必ずメニューに取り入れるようにしています。また、お店が山間部にありますので、春には裏山で山菜を手に入れることができます。 お店をこの場所にしたのもこうした季節の食材を手に入れることができることからでした。
通常の飲食店であれば、メニューを考えてから食材を発注する。という順番だと思います。 でも私たちは、畑で取れた野菜や契約している農家の方からそのときに採れた野菜を頂いてきます。 それから「さて、何を作ろう?」って二人で考えています。 たとえば、農家の方が、「このトマト味はいいんだけど赤くならないんだ、何かに使えないかね?」 と、そこで私たちは、煮たり焼いたりつぶしたり、いろいろ試して美味しい調理方法を試しました。 その結果その食材を活かすことができる料理を作ることができました。こうした手間を一つ一つにかけていくことが、「旬」を味わって頂くためには欠かせない事だと思っています。

<< 戻る

2011/07/15言葉の大切さ②(遊書家 大蔵 さん)

僕が一番大切のしている言葉。 それは、「ありがとう」です。 伝えるだけで幸せになる言葉。 思うだけで心温かくなる言葉。 では、「ありがとう」誰が一番初めに言った言葉でしょう? それは、お釈迦様です。 「有難し」が語源と言われています。

今、ここに有ることは難しいことなんだ。 僕は今月32歳になります。 32年前産んでくれた両親。愛を持って育ててくれた両親。 友達・仲間・恩師・・・ 沢山の人に支えられてここまで生きてこられました。 たった一つでも欠けていたら、今の僕は僕でいられない。 「有ることは難しい」→「有難し」→「ありがとう」なのです。 全てに感謝して今日も命一杯生きていたい。

感謝一念 大蔵

<< 戻る

2011/06/30お菓子たちと過ごす時間③(スイーツショップマネージャー 小島 有加里 さん)

今日はケーキの中でも特別なケーキについて話してみたいと思います。

当店はアトピッ子ケーキ研究会に属しています。アトピッ子ケーキ研究会はアレルギーの基礎知識を習得しあんしんなお菓子を提供する店舗を育成 認定するための団体です。ロリアン洋菓子店がこの団体に入ったのは 近隣の幼稚園に通うお子様の話を聞いてからでした。毎月開催される園児たちのお誕生日会、 ロリアンも子供たちにふわふわスポンジに生クリームで仕上げたケーキを配達していました、けれどアレルギーをもつそのお子様は、幼稚園のみんながケーキを食べているとき、ひとりお母様が作られた卵や乳製品の入らないお団子を食べていたそうです。 その話をお母様から聞いたロリアンのオーナーシェフは、味わいは少し違うけれど、見た目は真っ白なクリームと苺で仕上げたみんなと同じケーキを食べさせてあげ たい、そんな一念から研究会に入り、試行錯誤を何度も繰り返して卵や乳製品を使わな いケーキを生み出しました。

卵を食べると蕁麻疹が出る人がいます牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人がい ます。 アトピッ子ケーキ研究会の洋菓子は家族みんなでたべられる味を目指しています。卵をたっぷり使ったケーキとは少し違うかもしれません。安全を第一に、妥協を許さない職人の腕とセンスで一般のケーキに近い食感に近 づけようと努力しています。 アレルギーは十人十色、残念ながら全ての方が召し上がれるケーキではありません。 それでもアレルギーをもつ子供たちが笑顔になれる時間を 過ごしてほしくて・・

シェフはひとりのひとりのお子様の笑顔を思い浮かべながら、ひとつひとつ仕上げています。

<< 戻る

2011/06/15ポーセラーツアートを楽しむ③~手芸の枠を超えて世界へ~(ハンドクラフトアーティスト 飴井 友子 さん)

東京「上野の森」で開催された「第16回日本の美術」展
審査員として著名なデザイナーが参加されました。
(下の写真一番左が飴井さんの作品)

ここ数年、国内外からオファーを頂くことが多くなってきました。ロシアでの「ジャパンアートコレクション」、東京「上野の森」で開催された「第16回日本の美術」への出展をはじめ、最近では、ロシア人作家とのコラボレーションした作品展を開催しました。

手芸の枠を超えて芸術作品として認めて頂けているのかなと感じています。 いろいろな方々とコラボレーションすることで表現の幅を広げて、作品の中に日本を顧みる事ができるような作品作りをしていきたいと考えています。

自分の思いを作品の中に表現するのはとても難しく、完成した作品を後で振り返ってみると、満足できません。もっと表現したいものが湧き出してきます。 自分の思いを表現し、カタチを作っていく事は本当に難しいことと感じます。与えられた発表の場は私にとって最大のチャンスです。これからも自らの表現の限界に挑戦していきます。

<< 戻る

2011/05/30お菓子たちと過ごす時間②(スイーツショップマネージャー 小島 有加里 さん)

今回はスイーツのラッピングについて語ってみたいと思います。

当店の工房で製作スタッフが真心込めて出来上がったお菓子たちは、つやつやと輝いていたりまたこんがりきつね色に焼きあがっていたり・・今すぐにでもティータイムにしたくなる香りが漂っています。そんなお菓子たちを大切な方への贈り物にしたいとご希望されるお客様にお応えして、当店ではかわいらしくて華やかなラッピングギフトを展開しています。

お菓子本来の魅力を損ねないように、また1本のリボンやひといろのフラワーがお菓子たちをもっともっと輝かせてくれるようにひとつずつひとつずつ丁寧にラッピングしていきます。ラッピングコーディネーターの資格をもつ専門スタッフが様々な風合いのリボンやバスケット、アートフラワーを組み合わせて仕上げていくギフトラッピングは思わず歓声が上がる贈り物。

目で見て楽しんで味わって楽しんで、お菓子の時間が終わった後もテーブルの上に飾って楽しめるティータイムを目指しています

<< 戻る

2011/05/13ポーセラーツアートを楽しむ②~アトリエと教室~(ハンドクラフトアーティスト 飴井 友子 さん)

自宅の1階にアトリエと教室を構え、生徒の皆さんと一緒に作品作りを楽しんでいます。

生徒さんの中には、作った作品を心のこもった「プレゼント」にする方もいれば、自分の「お気に入り」として飾ったり使ったりする方もいます。 楽しみ方・学び方は人によってそれぞれです。

もちろん、資格を取るために勉強されている方もいらっしゃいますが、おしゃべりしながら楽しんで作品づくりをしている方が多いかもしれません。 私から「こうしなさい、ああしなさい」と言った指導はしません。 基本を教えたら、後は生徒さんが自分の作りたいものを自由に作って頂いています。

同じ教室内でトールペイントの作品を作る生徒さんと ポーセラーツの作品を作る生徒さんが一緒に楽しんでいたり、私の作品について、生徒さんから感想やタイトルのアイデアをいただくこともあります。 教室は「相互の創作アイデアを生み出す場所」と言えるかも知れません。

<< 戻る

2011/04/28言葉の大切さ①(遊書家 大蔵 さん)

言葉で人を傷つけることも出来るし、言葉で人を救うことだって出来る。 あの時言われた一言が人生をも変えてしまうことだってある。

座右の銘なんて言葉もあるけど、生き方を言葉にして持っておくことって 必要やなって思う。「できるかできないかではなく、やるかやらないか。自分を信じる」 僕の座右の銘。この言葉で僕は前に進んでこられた。大きな壁にぶち当たっても、 この言葉が僕を救ってくれたんだ。世知辛い世の中で自分が信じられる音楽だったり、 人だったり、お金なんて人もいるだろう。僕はいつも言葉と共に生きていたい。

自分が自分であり続けるために、僕は今日もたくさんの人に言葉を贈りつづける。 それがその人のエールとなればいいなって思いながら書を書き続けてる。 人に言葉を贈り、その人の笑顔を見ることこそ、僕の生きる意味だから。 あいだみつをもジョンレノンもボブマーリーもみんなみんな言葉で愛だったり平和だったり生き方だったりを教えてくれた。大蔵の言葉。あなたの心に届くように今日も僕は筆を持ち続ける。

いつかご縁があればあなたともお会いしたいですね。ありがとう。

感謝一念 大蔵

<< 戻る

2011/03/31ポーセラーツアートを楽しむ①~ポーセラーツとは~(ハンドクラフトアーティスト 飴井 友子 さん)

ポーセラーツの特徴のひとつに「磁器」にデザインできる点があげられます。 磁器は普段から生活で使えるものですので、そこに自分の好きなデザインが施せるといいな・・・・と思ったのも私がポーラセーツをはじめるきっかけでもあります。ポーセラーツは専用のシールのような転写紙を配置していくだけでも楽しむことができます。 ですから、はじめての方でも、お子様でも、楽しくオリジナルの磁器をデザインすることができます。

さらに私はトールペイントなどで得た技法を用いる事で、今までポーセラーツでは一般的ではなかった表現にも挑戦をしています。

モチーフにするのは、大好きな「花や植物」が中心です。庭に咲く花などを前にして、思い思いに描いています。また、最近では動物・人物・静物にも挑戦しています。前回の日本ヴォーグ社主催のポーセラーツコンテストでは、愛犬を描いた作品に優秀賞をいただきました。

<< 戻る

2011/03/14お菓子たちと過ごす時間①(スイーツショップマネージャー 小島 有加里 さん)

「甘いものは人を油断させますよね・・」 先日テレビを見ていたら有名な男性の俳優さんがそんな風に話していらっしゃい ました。 ふんわりしたケーキをお召し上がりになったあとの感想です。 「普段は肩肘張って男らしくがんばっているんだけど、 こうして甘いケーキを口にしてしまうと心が緩んでしまって 油断しちゃうんですよね・・」と苦笑いをしたその笑顔がとてもかわいらしくて、 ほのぼのした気分になれました。

当店は先代が 街の洋菓子店として開店してから、早45年になります。 街の方々と一緒に育ってきたこのお店で、 こんな風に心が緩んでしまう時間を過ごして頂きたくて、 手作りのお菓子を作り続けてきました。 素材は地元で採れた朝一番で届く卵やミルク、バター、 それらを手作業で時間と手間と、 それから職人の感性を入れながら、 じっくり焼き上げていきます。 お昼近くになると工房のオーブンからいい香りが お店の外まで漂ってきます・・・

<< 戻る

2011/01/31紅茶のある暮らし③ ~紅茶でコミュニケーション~(ティー・コーディネーター下田 美幸さん)

2010年の晩秋。富山紅茶の会が、プロデュースする地紅茶に新メニューが加わりました。この夏、朝日町のバタバタ茶の畑で摘み取った茶から仕上げた「富山 あさひの紅茶」に魚津のリンゴ王林をチップにしてブレンドさせた「アップルティー」が店頭に並んだのです。このアップルティーは、よく目にする人工香料を着香させた一般のアップルティーとは明らかに違う「自然派」そして「地産」の紅茶。普通に、あさひの紅茶を蒸らした後、カップに予めりんごチップを数枚入れ、蒸らした紅茶を注ぎ、ゆっくり飲むスタイルです。王林の爽やかで甘い香りが熱い紅茶の湯気とともに漂います。りんごチップはリンゴをスライスして熱風乾燥させただけの無添加のもので子供にチップを食べさせたい、とチップはママからも熱い支持を受けました。…百聞は一味にしかず。まずは地元魚津の方にPR。この日は、魚津中央通り商店街の「いらっしゃい市」の来店者全員に無料試飲を振る舞いました。多くの方からストレートな感想をいただき感謝…そして、紅茶でコミュニケーションをとった楽しい1日でした。

<< 戻る

2011/01/17プリザーブ・フラワー③ 新年を迎え、新たな気持ちを込めて(フラワーアーティスト 中林君枝 さん)

先回にも記しました様に、オーストラリア プリザープフラワーのアレンジは、私たち のメンタルな部分に働きかけてくれるお花です。

この新たな年を、またお花と共に・・・。 大変だった昨年を乗り切った様に、気持ち も新たに頑張ります。

<< 戻る

2010/12/24マジック③ ~マジックを通して感じること~(マジシャン コンプレッサー さん)

趣味だったマジックを仕事に変えるという決断には時間がかかりましたよ。どれだけ計算機をたたいても答えがみえるものではありませんからね。当時からテレビやラジオのレギュラー仕事はありましたが生活の柱になるほどの金額ではありませんし、いつ終わるかもわかりません。「決めたんならとことんやってね」という妻の言葉が決め手になりました。最初に聞いたときビックリしましたよ!あの言葉がなかったらこの道に進む事はなかったでしょう。17年間のサラリーマン生活に終止符を打って独立しました。言葉で言い表す事のできない自由な喜びと、なんの保障もない生活への不安がいったりきたりな毎日。一歩踏み出してみると周囲の反応が驚くほどあったかくってうれしかった。仕事を辞めた事で本気さが伝わったのかもしれません。仕事としてやる以上どんな環境でも演じなければならず、そこにストレスも感じ始めました。刺激がほしくってエンターテイメントの本場ラスベガスへ行きました。ベストな環境で演じるその世界に感動の連続。帰国してすぐに単独ショーの開催を決意し、今年の6月に実施しました。今思えば、このライブがプロとしてのスタートラインだったような気がしています。

自宅の庭に子供たちとチューリップの球根を植えました。娘は毎日「もう咲いた?」と質問してきます。家族のためにも、春に真っ赤なチューリップを咲かせないといけませんね!

<< 戻る

2010/12/15紅茶のある暮らし② ~「アフタヌーンランチ&ティー」の会~(ティー・コーディネーター下田 美幸さん)

「フレッシュティーは地元で、自分で作る」をコンセプトに富山市呉羽丘陵で摘み取った茶「富山 くれはの紅茶」と朝日町バタバタ茶の畑で摘み取った茶「富山 あさひの紅茶」を毎年、お届けしている富山紅茶の会。紅茶はその香り高さが癒し効果を、カテキンやカフェイン、テアニンといった成分が生活習慣病の防止やリラックス効果を発揮し健康飲料として世界中で飲まれています。中でもイギリスは、19世紀、アフタヌーンティーの習慣を貴族が作り上げ、今でも紅茶のイメージの象徴になっているようです。そこで紅茶の会では、現代版・富山版アフタヌーンティーの再現として2010年の春から「アフタヌーンランチ&ティー」の会を企画しています。対象は、仕事に、家事に朝から晩まで働き詰めの富山の女性に…日曜だけでも遅い朝食に午後のランチ…といったゆったりした1日を送っていただこうかとの思いから。日曜の昼下がりの午後に設定しています。カフェレストランのシェフとコラボでちょっとリッチなランチとスィーツと紅茶のコースをシェフと私と参加された方で…。コミュニケーションを交え、くつろぎタイムを送っています。

<< 戻る

2010/11/12プリザーブ・フラワー② ~花の色とその意味~(フラワーアーティスト 中林君枝 さん)

オーストラリア・プリザーブ・フラワーは、人間のメンタルな部分に働きかけてくれます。 自分の精神や肉体の状況から、自然に出てくるアレンジになります。

花に託して心が表現されることによって、心は癒され、同時に花の持つ強い生命力が、一人一人の変化を手助けしてくれます。

<< 戻る

2010/10/29マジック② ~マジックとの出会い~(マジシャン コンプレッサー さん)

マジックとの出会いは今から10年くらい前でした。当時イベントに関する仕事をしていました。そこで人生を変える事になるプロマジシャンとの出会いがあったんです。控室でトランプを使ったマジックを見せてくれました。すっごく不思議でどうしてもタネを知りたいと懇願すると一つ教えてくれました。仕掛けを聞いた時の反応は、「な~んだ」とがっかりするタイプと「なるほど!」と感心するタイプに分かれるそうです。私はあきらかに後者でした。そんな私に一冊の本を紹介してくれました。「カードマジック事典(東京堂出版)」です。県内の書店を探しましたがどこにもなく、注文してようやく手に入れました。あの頃はインターネットで本を買うという事が一般的ではなかったんですよね。専門用語が多く理解するのに時間がかかりましたが次第にレパートリーが増えていきました。友人知人だけではなく仕事で初めてお会いする方にまで披露するようになり、生活が一変しました。「おもしろいやつ」と言われるようになり、取引先の社長さんから飲みに誘われたり、そのつながりで他の企業の懇親会やパーティーに呼ばれたり。次第に輪が広がっていき、普通の会社勤めではありえないくらい多くの出会いに恵まれました。人とのつながりは仕事にもいきる結果となり、すばらしい趣味に出会えた事に感謝する毎日でした。現在は趣味が仕事にかわり、無趣味なのです・・・何か探さないと!

<< 戻る

2010/10/20プリザーブ・フラワー① ~オーストラリアのワイルドフラワーについて~(フラワーアーティスト 中林君枝 さん)

ワイルドフラワーの採集地は、パースを中心とした西オーストラリア州です。 西オーストラリアは、世界最古のゴンドワナ大陸の地層が残っている地域で、最も乾燥しています。

そんな大自然に40万年前から生き続けているワイルドフラワーは、パワフルなエネルギーを持つ植物です。 先住民のアボリジニ達は、この花を祭り事やブッシュメディスンとして、傷の治療やダメージからの回復などに使っていたほどです。

多種多様なワイルドフラワーをプリザーブ(保存する・維持する・生存しているなどの意味があります)フラワーとして、自由にアレンジメントしています。

<< 戻る

2010/10/07マジック① ~最高のコミュニケーションツール~(マジシャン コンプレッサー さん)

現実離れした不思議な世界を創りだす事ができるマジック。歴史は随分古く紀元前2千年頃かと言われています。人々の「不思議な事」への興味というのはいつの時代も変わらないようですね。数年前、テレビが火付け役となって空前のクロースアップマジックのブームが起こりました。クロースアップマジックとは、少人数の観客に至近距離で演じるスタイルで、特別な道具がなくても身のまわりにあるもので気軽に演じる事ができるのが大きな魅力です。その影響もあって、趣味としてマジックを楽しむ人が随分増えたようです。インターネットの普及も大きな影響があるようですね。以前は手に入れる事が難しかった情報なども手に入りやすい環境が整ってますから。

先日、近所の子供たちが自宅の前にいたんで挨拶をしたら返事が返ってきませんでした。近寄って行って子供の脇の下あたりから飴玉を取り出したらみんなすごい顔をして驚いてました。もちろん手品です、子供が脇の下に飴玉をかくしてるわけありませんから!それ以来、その子たちは顔をあわすと必ず挨拶をしてくれるようになりました。マジックは最高のコミュニケーションツールでもあるのです!ハイレベルな芸能としてのマジックはプロに任せるとして、みなさんも趣味としてのマジックを楽しんでみてはいかがでしょうか?マジックのある生活は面白いですよ!友人家族を招いたガーデンパーティーに、サプライズでマジックショー!なんていうのも盛り上がりそうですよね。いろいろ夢が広がりませんか!

<< 戻る

2010/09/29犬との暮らし③ ~ドッグスポーツのすすめ~(ドッグトレーナー青山 民さん)

犬の問題行動の多くの原因はストレスにあると考えています。
お留守番中に家の中がめちゃくちゃになっている。
お散歩の時の無茶なひっぱり行為など

そのストレスの原因の一つに運動不足があります。犬の体力と散歩などの運動量が足りていないケース。十分な運動をしてあげるとそのような問題行動が減るケースが多くあります。現在お客様の中には怪我をされて十分に運動をしてあげられない犬の散歩の代行なども行っています。遊ぶことが好きな犬にはお散歩以外にもボールやフリスビー、アジリティ(障害物競走)などをさせて、飼い主さんにも犬と遊ぶ楽しさを伝えることもしています。犬種によってはお散歩だけでは運動量が足りない犬もいます。遊びを通じて双方の良い関係が築けると良いと思います。

<< 戻る

2010/09/13紅茶のある暮らし①(ティー・コーディネーター下田 美幸さん)

日本で飲まれている紅茶の殆どが、インドやスリランカなどの外国産の紅茶です。外国の紅茶は、殆どが多くの問屋を通し日本に入り、日本に入った後もいろいろな流通路を通過して消費者の元に届くため、使用されている茶葉の生産年は曖昧なものが多いのが現状です。

スリランカを旅行中に飲んだ紅茶は、前日に摘み取った茶葉を隣の工場で製造された「作りたての」紅茶でした。その、香り、味のフレッシュなことに感動しました。

「日本でも、富山でもそれが実現できないか」と思うこと数年。チャンスは感動の旅から数年後に訪れました。「フレッシュティーは地元で、自分で作る」をコンセプトに私の挑戦は2002年から始まりました。日本の気候は、赤道付近の有名紅茶産国と違いますから、夏摘みが茶摘の適時期。くれは、あさひ、どちらも夏に摘み取ります。そして、秋に向け、新茶が仕上がってきます。

写真は我が家の中庭で開催のガーデンティーパーティのワンシーンです。グリーンと太陽のひざしを感じながらいただく、紅茶と手作りお菓子は最高です。もちろん、気の合う仲間達との語らいが、一層パーティを盛り上げてくれます。

<< 戻る

2010/08/29犬との暮らし② ~セラピー犬~(ドッグトレーナー青山 民さん)

不定期ですが、ボランティア活動のひとつに知的障害者施設や幼稚園などの訪問活動を行っています。そのような場所に連れて行く犬は警察犬や盲導犬などの特殊な訓練を受けた犬だと思われている方が多いですが、ごく普通の家庭犬です。

連れて行くにあたっては、人と接することが大好きな犬を選びますが、飼い主さんと犬で参加希望があれば一緒に訪問いたします。施設の方、子供たちは犬が来ることを毎回楽しみにしています。飼い主さんとの会話しながらお散歩なども体験されています。犬とのふれあいが人の心を和ませる、セラピー効果があるのはこのような活動を通じてもよく解ります。

もっと多くの方々に犬との暮らしの素晴らしさが伝われば良いなと思います。

<< 戻る

2010/08/06犬との暮らし① ~しつけ~(ドッグトレーナー青山 民さん)

私が犬にする「しつけ」とはお互いがストレスなくルールを守って生活することだと考えています。

飼い主さんといろいろお話をして、その犬の性格を見極め、飼い主さんがどうしたいのか伺ってそれぞれに合った良い方法をみつけていきます。
私が訓練している時は言うことが聞けても、飼い主さんの所では言うことが聞けないと言った事では何の解決にもなりません。

犬も飼い主さんも一緒に成長し、双方の関係がより良いものになる事を目指します。そのちょっとしたきっかけや方法をお教えしています。

<< 戻る

Shop and Showroom

VEEX店舗・展示場

ビークス富山店 〒939-8204
富山県富山市根塚町4丁目2-1 Tel:076-491-4128 googleマップで開く >> 営業時間のご案内 >>

ビークス黒部店 〒938-0806
富山県黒部市前沢2183-4 Tel:0765-32-4128 googleマップで開く >> 営業時間のご案内 >>