富山市 K様邸

自由に使えるタイルテラスのお庭

工事内容
●タイル/LIXIL/アレス
●擁壁貼材/TOYO/ロッツプレート
●フェンス/三協アルミ/エルファードM1型
●化粧砂利/キャラメルストーン
●デザインパネル/タカショー/デザインパネルⅡ
●照明/タカショー/ガーデンアップライト・フレキシブルLEDバー
●植栽工事

高低差のある土地でも過ごしやすく、趣味を楽しんでいただけるお庭にしました。
お客様のご要望であったプランターでの家庭菜園や、イスやテーブルを出してお茶をするなど、お庭を広々と使って頂けるようにタイルテラスをご提案いたしました。
快適に過ごせるように隣地境界側には擁壁とフェンスを設け、プライバシーを確保しています。

住宅とお庭の統一感

住宅のデザインに合うように、落ち着きのある色味でご提案しました。

タイルの黒色をメインに、擁壁フェンス、石材などを茶系でまとめることで、 住宅の雰囲気を崩さず、統一感のあるお庭にしました。

高さがあっても風が通る

お隣り方が地盤が高いので、土留めを兼ねた塀にフェンス組み合わせて施工し、高さを出しました。

圧迫感なく目隠しができるように、擁壁とフェンスを使ったデザインにしました。たて格子のフェンスとデザインパネルを組み合わせ、単調にならず、風が通るよう設計しています。

パネルの影が涼し気

高さのある住宅基礎にもデザインパネルを設置。できる影が涼し気です。

パネルがアクセントになり、無機質なコンクリートを目立たなくしています。パネルの裏にLEDバーを設置し、夜も楽しめるよう工夫しました。また、階段を優しく照らす間接照明にもなるので、足元の安全も確保しています。

お庭をより華やかに演出

擁壁には天然石の貼材を採用しました。

タイルとフェンスがメインのお庭でも無機質にならず、ナチュラルな印象に。凹凸のある素材なので、植栽と共に照明で照らすと陰影がはっきりでて、お庭をより華やかに演出します。 植栽との相性も良く、ガーデニングのお花や緑も映えるお庭になりました。

楽しみが増すニッチ

階段側面にはニッチを作りました。

ポットを飾ったり、ランタンやキャンドルで夜のお庭を演出したり、お庭の楽しみ方を広げてくれる、こだわったポイントです。

シンボルツリー

擁壁前の植栽スペースにシンボルツリーとしてジューンベリーを植えました。

擁壁前に植えることで目隠しの効果も期待でき、リビングから緑を眺められます。 根本に照明を設置してあるので、夜でも楽しむことができます。 6月頃には実をつけるので、収穫する楽しみも増えてお庭に出る回数も増えそうです。